カレーうどん

うどんの料理には様々なものがあって、どれも美味しいですね。
うどんと定番の醤油を使ったつゆは本当に絶妙な相性です。
その定番のつゆにカレーを加えたものがカレーうどんです。
カレー南蛮と呼んでいる地域もありますが、和風カレーにうどんが入った感じですね。
日本人はカレーがとても好きな人種でもあります。
ですから、カレーうどんはとても人気の高いうどん料理で、一般家庭でもカレーライスの次の日は、 余ったカレーでカレーうどんを作ったりして好んで食べられています。
お家で作るカレーうどんは、カレーの残りですから、じゃが芋やにんじんが入っていることがありますが、 うどん屋さんのカレーうどんは、具として豚肉や鶏肉、鰹節などを入れます。
でも、地域によって異なり、中にはネギ意外は入れないという地域もあります。
また、カレーのスープのとろみなども地域によって若干の違いがあります。
東京のカレーうどんはサラサラのスープが多いようです。
逆に、関西の方では東京のカレーうどんと比べてとろみが強いようです。
とろみが強いと、うどんと絡みやすくなるので、カレーの味が濃くなり美味しく食べられるのだそうです。
うどん屋さんによっても微妙に味や具が違うカレーうどんですが、 うどん屋さんによってこだわりがあるようですね。
それを食べ比べてみるのも楽しそうです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) うどん大好き!! All Rights Reserved.