うどん大好き!! TOPうどん食い倒れ >美味しいうどんの食べ方は?

美味しいうどんの食べ方は?

うどんには色々な料理があります。
古くから伝わる伝統料理、オリジナルの新しい料理、家庭の定番料理。
どれも美味しいですが、一体どれが一番美味しい食べ方なのでしょうか? 色々調べてみました。
うどんを実際に作っているプロたちがすすめる、一番美味しいうどんの食べ方は「冷やしうどん」でした。
冷やしうどんは、うどんを茹でた後、水で締めて、器に盛れば完成。
とても簡単です。
あとは、つゆと薬味としてネギ、大根おろし、ゆず、ごま、天かすなどを加えて、つゆにつけながら食べます。
冷やしうどんは、この薬味が重要なポイントで、薬味でつゆの風味がガラリと変わります。
プロたちのおすすめは大根おろし、スダチ、ゆずなどでした。
色々な薬味を準備して楽しんでみるのも面白いですね。
後、冷やしうどんの他に釜揚げうどんという人もいました。
茹でたうどんをお湯を切って器に盛ってもいいですし、お湯の中にいれたまま食べるのも良いでしょう。
釜揚げうどんもやはり薬味がポイントになります。
色々試してみてください。
お湯を切って食べる釜揚げうどんには生卵を和えるのもおすすめです。
少しだけ醤油を垂らしてお召し上がりください。
プロたちはこのように、シンプルな食べ方が一番美味しいという意見でした。
でも、人それぞれに好みがあります。
自分が美味しいと思った食べ方をするのが一番です。
うどんには決まった食べ方はありません。
好きな食べ方で楽しんでください。

    おススメ情報

  • 「お鮨」「お弁当」「おむすび」「ご贈答品」など、用途によって選べる京樽の宅配弁当なら、伝統の味を受け継ぐものや色鮮やかなバラエティに富んだものまで、インターネットで手軽に注文できるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) うどん大好き!! All Rights Reserved.