うどんのつゆ

うどんの料理は、うどんも美味しいものを使うのはもちろんですが、つゆの美味しさが重要なポイントになってきます。
つゆの美味しさ如何で、料理の美味しさが決まりますから、失敗は許されません。
といっても、最近は美味しいつゆがスーパーなどで簡単に買えるんですよね。
水やお湯で薄めるだけで使えますから簡単に使えます。
しかも、だしが結構効いているので、他の料理にも使えたりして、本当に便利です。
でも、だしにこだわって自分でつゆも作りたいと言う人もいると思います。
そんな人のために簡単にご説明しましょう。
うどんのつゆは、一般的に昆布とかつお節、そして煮干しです。
材料にこだわるなら、昆布は北海道産、かつお節は鹿児島県産、煮干しは愛媛県産がおすすめです。
これらの混合だしでつゆを作っていきますが、それぞれだしの作り方が異なるので、間違いがないようにすることが大切です。
間違えると、逆に苦みが出たりしますので、注意してください。
水に昆布と煮干しをいれ火を点火、沸騰寸前に昆布を取りだし、沸騰したらかつお節を入れます。
5分ほどたったら煮干しを取りだし、15~20分ほどしたらかつお節も取り出します。
以上でダシの準備ができました。
これに醤油、みりん、酒、砂糖、塩で味を調えます。
ダシがしっかりしていれば、味付けは簡単です。
どうしても味が決まらないという時は、別鍋にダシを取りなおして足してみると良いと思います。
美味しいつゆができたら良いですね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) うどん大好き!! All Rights Reserved.